東金電機有限公司
東金紹介

東金電機は、西暦1997年に創立されており、「誠実と信用があるサービス、品質は精密でかつ正確である」という態度を堅持しながら、なお創新、品質、技術、研究開発などの理念をもって、全力で最も良い製品の開発に取り込んでおり、お客様のために最高的な品質の製品を提供しています。

 当社は高低圧の配電盤、中華電気通信の中継継箱、台湾電力会社の電源箱、台湾鉄道会社の継電箱、電子工場のクリーンルームの配電設備、消防箱、MCCモーターコントロールプレート、産業機械の自動制御箱、分電箱…などの設計、生産、製造に従事しています。

営業規模を拡大すること、と品質を高めるために、相次いで高熱のペンキ塗り及び電機モーターの組み立て部門を創立して、金属板金、高熱ペンキ、電機モーターの一本化にした生産モデルを達成し、なお全力で多元化の製品を開発し、研究と革新、技術の安定性、優れる品質の精神を用いて、お客様の最も満足できる重電盤会社になるように期待しています。